TOP > お知らせ > 助成研究(助成研究用LVSEM機器貸出)を追加募集します。

2018.12.10

助成研究(助成研究用LVSEM機器貸出)を追加募集します。

《お知らせ》こちらの募集は締め切らせていただきました。次回(第2回)のLVSEM貸出機器による研究助成の公募は、本年春(5月頃)を予定しております。

 

腎生検LVSEM研究会会員の皆様

卓上型低真空SEMTM3030)の助成研究用LVSEM機器貸出による助成研究の追加募集(1件)についてご案内いたします。

今年度の研究助成4件のうち、1件の助成研究用LVSEM機器の貸し出しが終了したため、臨時で追加募集いたします。研究助成をご希望の方は、添付の助成研究申請書に記入の上、事務局にお送りください。締め切りは、来年の1月7日(月)とさせていただきます。世話人会で審査の上、1月中旬に発表させていただきます。 

 

2018年度腎生検LVSEM研究会研究助成 追加公募(1件)]

1.申し込み方法:添付の助成研究申請書に記入の上、事務局(lvsem@med.showa-u.ac.jp)にメールで送付

2.締め切り:201917日(月)17

3.発表:2019年1月中旬

4.デモ機貸し出し:20192月以降

 

採用されなかった課題につきましては、2019年度の研究助成の募集(20195月頃予定)の際に再度申請していただければ、採用を選考させていただきます。

助成研究用LVSEM機器の貸し出し期間は原則1年間とし、助成を受けられた方は、終了時に添付の書式による報告書を提出していただきます。尚、研究成果は、研究終了後に開催される腎生検LVSEM研究会で報告することを原則とし、会員の情報交換に役立てます。

 

 1回研究助成採択者・研究課題(応募順)は以下の通りです。

1)藤乘嗣泰先生 獨協医科大学循環器・腎臓内科

Podocyteの小胞輸送のLVSEMによる形態学的観察と尿蛋白選択性」

 

2)長田道夫先生 筑波大学医学医療系 腎・血管病理学

LVSEMを用いたポドサイトの剥離の3次元的観察」

 

3)小口英世先生  東邦大学大森病院 腎臓学講座

LVSEMを用いた移植腎生検組織の慢性組織障害の評価」

 

4)市川大介先生  聖マリアンナ医科大学 腎臓高血圧内科 

「移植後IgA腎症再発における基底膜の変化の検討」

 

本研究会が有意義で活発な活動が出来ますよう、皆様の応募をお待ちしております。

ご意見・ご質問がありましたら事務局までご連絡ください。

皆様の益々のご活躍をお祈りいたします。

 

LVSEM研究助成_申請書フォーム_2018年12月

LVSEM研究助成_報告書フォーム_2018年12月